8月の平均買取価格 28489円
平均買取点数97点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

ブログ

iphoneを売る時にはリセットが必要

iphoneを売る時の注意点

今やたくさんの方が所持しているiphoneですがこれを売る時の注意点をいくつかあげようと思います。

まず、iphoneは本体の容量が決まっています。Androidの様に後からSDカードで保存領域を増やす事は出来ません。
その為、必要な情報(写真、音楽。動画等)は全て、本体内部の保存領域にしまわれています。
保存領域が限られていると言う事は、定期的にバックアップ等をパソコンで取る必要があります。
勿論、取らなくても大丈夫ですが万が一本体が壊れたりしたりするとバックアップが無いとデータの復旧が難しくなってしまいます。

そしてiphoneを売るときは、このデータが残ったままだと買取が難しくなってしまいます。

店舗の買取業者の場合、買取の際にお客様に諸々を確認の上、目の前でオールリセットを掛けてくれます。(その時、データのバックアップの有無も確認されます)
データが完全消去されるのを見ていますので、自分の個人情報が他人に知られる事はないという事は確認できます。

しかし、ネットの宅配買取の場合は宅配便でiphoneを送って売る為、対面ではないのでお客様の方で確認していただけません。
オールリセットを掛けた前提で送って頂き、買取を行っています。

iphoneを売る前にしておかなければならないこと

iphoneを売る前にしておかなければならないことは下記の3つです。

1. 『iPhoneを探す』をオフにする
2. バックアップを取る
3. 初期化する

まず初期化する前に『iPhoneを探す』機能を停止しておかなければなりません。
『iPhoneを探す』をオンにしたまま初期化すると、新たに購入した方が初期設定する際にお客様(あなた)のAppleIDとパスワードが必要になります。
パスコードが分からないかぎりオフにできないため新しいiphoneとして利用できなくなるので再販が難しくなってしまいます。

そして次にバックアップを取ることです。
写真や音楽や動画やアドレス帳は、Appleの製品間(MacやIPad等)で共有が出来ますので、あらかじめバックアップをとっておきます。

そして次に初期化です。
PCのiTunesから初期化すると最新バージョンのソフトウェアで初期化されるため、iPhone本体から初期化をお願い致します。
iphoneを初期化するとiphone内のデータがすべて消えます。
個人情報を完全に削除するために初期化する必要があります。

そして最後に、買ったときに付いていた箱・説明書・イヤホン・イヤホンケース・充電器があるならば、忘れずに一緒にお送りください。
箱なしよりも箱ありや付属品に欠品がない方が、査定額が上がります。

携帯電話は新機種が出ると買い換えをしますよね。使わないiphoneや携帯電話は、賢く買取に出してお金に替えましょう!