9月の平均買取価格 20338円
平均買取点数91点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

ブログ

転勤が決まったらまずすること

急な転勤が決まったら

多くの会社で転勤が決まる時期はほぼ同じだと思います。
それぞれの会社で転勤する時期が重なることが多いため、引越し業者の奪い合いが生じます。
まずは着任日を確認し、引越しの日程を決定する必要があります。

そして、着任日から逆算した引越し希望日を2~3つ決めて、会社側が引越し業者と提携を結んでいない場合は、早々に引越し業者の選定を行います。
賃貸等に居住している場合は、不動産会社へ退去の連絡を行います。特に賃貸契約の場合は、中途解約の申し入れは賃貸契約書に記載されている解約予告期間内に行わなければなりませんので、早めに連絡することが必要です。

賃貸ではなく、会社の社宅などに居住している場合は、会社側が必要とする書類の提出を行います。
そして、社宅などに居住している場合は、次の社宅などが提示されますが、賃貸に居住する場合は、自分で新居を探す必要があります。遠くへ転勤する場合は、新居の下見はもちろん、周辺の環境の下見も行う必要がありますので、家探しに行く日程を決定し、早めに家探しにとりかかる必要があります。

さらに、お子さんがいる場合は、学区外への引越しが決まった時点ですぐに学校へ連絡する必要があります。そして、電話関係や電気やガス、水道などの光熱関係、転出届けや印鑑登録、国民健康保険など役所への届け出などの手続きを進めていきます。これらのしなければいけない事柄を二度手間やトラブルを防ぐために、TO DOリストを作り期限があるものから逆算して進めていくことが大切です。

荷造りと引っ越し

引越しの日程や引越し業者、新居を探すことと同時に行う必要があることは、やはり荷造りと荷物の整理です。
この荷物の整理を行っているとどうしても不要なものがでますので、それらをどうするか考える必要があります。

もし価値がありそうなもの、例えばまだ新しいパソコンやカメラ、携帯電話やタブレット、フィギュア、DVD・Blu-rayなどでしたら、宅配買取で専門に買取りを承っている会社があります。意外にも高い買取額がつく可能性があります。
宅配買取でしたら、ダンボールに詰め、集荷をお願いすれば玄関先まで運べば良いので、荷造り途中に並行してやることができますね。

急な転勤だった場合は大変ですが、余裕を持ってスムーズに引っ越し作業がすすめられれば良いですね。