4月の平均買取価格 12714円
平均買取点数193点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

ブログ

使わなくなったエフェクターどうしてます!?

最近のギタープロセッサーはすごい!

長年ギターを弾いていますが、最近のマルチエフェクターやギタープロセッサーの技術革新はすごいなと感じています。
例えばLINE6のHelixシリーズ、フラクタルオーディオのAxe-Fxシリーズ、KEMPERのProfilingHeadや、Positive Grid のBias Headなんかは、もうこれ1台あればほとんど困らないのではないか…と思うほどの良音を奏でてくれたりしますし、マルチエフェクターがどんどん進化してBOSSやZOOM等から安価で且つ多機能、しかも音が良い!っていうものもあったりします。

また。最近ではHeadRushやMOOER等からこの価格帯でこのクオリティは反則だろ!!
って思うようなものまで出てきています。

レコーディング環境ならソフトもすごい!

アンプシミュレーター系のソフトもすごいですよね!?各DAWに入っているアンプやエフェクトのモデリングもかなり使えますが、IK MULTIMEDIAのAmpliTubeやWAVESのGTR、Positive Grid のBias や、Native InstrumentsのGuitar Rigなんかはかなりリアリティ高く、オケの中では、これってソフトなの?って思うほど、マイク録りしたものとの判別をつけるのが難しいレベルまできていると思います。(いや、むしろ安いマイクやマイクプリを使って下手なマイク録音するより音がよいかも…?)

コンパクトエフェクターはさらにコンパクトに!

とはいえ、こだわりたい人はコンパクトエフェクターも使いたいですよね!?ギタープロセッサーの音に一つ、2つ加えるだけで、独自のセンスを出せたりしますしね!!

しかし、こちらも最近のトレンドはミニペダルになってきてますよね?

しかも、このミニペダル、安価な物も多いのですが、あなどれない音を出します。
はっきりいって、このレベルなら小さいし、軽いミニペダルの方が良いやって思う人も多いですよね?

だんだんエフェクトボードの中がミニペダルに置き換わっている人も多いのでは!?
(筆者もその一人です)

使わないエフェクターはどうします!?

でも、その影で、使わなくなってしまったコンパクト・エフェクターってどうしていますか?
そこら辺にほっておくのも良いのですが、あまり使わないでおくと、錆びてガリガリになって使えなくなったりすることもあります。基本的にボードから外したエフェクターってかなり出番が少なくなりますよね?そのまま使わなくなっていつの間にか忘れ去られる、、、そんなエフェクターはとても可哀想です、、、。

もし、今後出番がないなぁと思うものがあるなら、ぜひバリQにお売りください!
そのエフェクターを必要としている人がいます!
著者もたまに買ってもらってます(笑)