5月の平均買取価格 12,253円
平均買取点数105点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

ブログ

バリQは5Rを推奨しています!

バリQでは、宅配買取サービスを始めたころから、「3R」を推奨して参りました。https://bariq.jp/?p=15238

時代は巡り、今は「5R」を推奨しております。
これをご覧の皆さまは「5R」という言葉をご存じでしょうか。

Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つのRからなる3RにRepair(リペア)、Refuse(リフューズ)という2つのRを加えたものを5Rと呼びます。

下記で詳しく解説していきますね!

Refuse(リフューズ)

Refuse(リフューズ)は、断わる、拒絶する、拒否する、辞退する等の意味を持っています。
 結果ゴミになりそうなものや不要なものは、そもそも受け取らないという考え方になります。

代表的なもので言えばレジ袋でしょうか?
最近はマイバックを持ち歩き、コンビニ等でもレジ袋をもらわない人も増えてきたのではないでしょうか?

その他には、マイ水筒を持ち歩き、ペットボトルを極力使わないとか、マイ箸を持ち歩き割り箸を使わないなんてのもあります。

また過剰包装をお断りしたり、不要なノベルティ等はもらわない等もこれに当てはまります。

Reduce(リデュース)

Reduce(リデュース)は、減らすを意味する言葉になります。
そもそも、とにかくゴミになりそうなものを減らしていこうということですね。

例えば、食材を余らすほど買って、腐らせてしまったから捨てるなんてことが無いように、計画的に購入したり、流行に左右されず長年着ることができる服を購入したり。

詰め替えボトルを使ったり、一時的に使うものはレンタルして使ったりということも含まれます。

また、使い捨て商品を多用せず、できる限り繰り返し使えるものを利用することも大切です。

Reuse(リユース)

Reuse(リユース)とは、言葉通り再び(Re)使用する(use)、「再使用」を意味します。

自分が使わなくなった物を、人に譲ったり、売ったり、逆に自分が必要なものを使わなくなった人から譲り受けたり、買ったりして利用することです。

リユースショップ(リサイクルショップという名前が浸透しておりますが、正しくはリユースショップとなります)を利用したり、オークションサイトやフリマアプリを利用することも含まれます。

使わなくなったから、すぐに捨てるではなく、必要な人がいるのであれば、その人に譲り渡すという気持ちが、大きくゴミを減らしますし、売ればお金も入ってきます。愛着があったものなら、手放す際心が痛むものですが、必要としてくれている人に譲り渡すのであれば、逆に喜びに変わるなんてこともあります。

Repair(リペア)

Repair(リペア)とは、修理をすることになります。

少し壊れてしまったものでも、簡単な修理で使えるものになったりします。
大量消費、大量廃棄時代は終わりました。
良いものを何度も修理しながら使う。昔は当たり前だったことですが、今は逆に新しいのではないでしょうか?

またリペアを行うことで、自分だけの大切な一つになることもあります。
例えば破れた服にあて布をする。皆と同じ製品だったものが、自分だけのオリジナルに変ります。それがカッコ良いと思える時代になってきた気がします。

Recycle(リサイクル)

Recycle(リサイクル)とは、再生利用という意味です。
リサイクルとリユースは考え方がごちゃごちゃになることが多いのですが、
リユースは、多少修理はしても原型を崩さずそのまま使うのが基本。
例えば服は服のまま再利用しますし、自転車は自転車のまま使います。

リサイクルは原型をとどめず、原料として使うイメージに近いでしょうか。
ペットボトルから洋服を作ったり、新聞紙からトイレットペーパーを作ったり。
一度原型を崩して、原料として再利用することをリサイクルと呼びます。

ゴミをしっかり分別しなくてはいけない理由はこれだったりします。
しっかり分別ができていないと原料とする際、不純物が混ざってしまいます。
不純物が混ざってしまうと、再度製品にする際にうまくいかない可能性があることは、想像に難くないかと思います。

なので、地域ごとにルールは違いますが、しっかりゴミの分別をルール通りに行いましょう。

5Rを意識して豊かな生活を!

バリQは宅配買取、店舗での買取を行い、ネット及び、店舗での販売を行うリユースショップになります。なので、この5RのなかでReuse(リユース)を最も大切に考えています。

上記5Rを意識すると、なんとなく我慢をして、つつましく生きましょうなんて捉える方もいらっしゃいますが、そんな必要はないのではないかと考えます。(もちろんリフューズ、リデュース、リサイクルの取り組みは必要です)

しかし欲しいものがあるのであれば、しっかり買えば良いと思います。全てを我慢するような社会になってしまったら、経済的には回らなくなって、しぼんでいく社会になってしまいます。

長く使える良いものを手に入れて、いらなくなったら売る。
一時的に必要なものは、中古で安く手に入れて、必要無くなったら再度売却する。ゴミを極力減らしながら、物質的な豊かさもしっかり得る。それにはリユースという考え方が一番マッチしているのではないかと我々は考えています。

価値はあるものだけど、自分は使わなくなってしまった…。
それを他の人に渡すお手伝いができればと考えています。
最近使わないなぁこれ…と思ったら是非バリQをご利用ください!