本・DVD・CD・ゲーム・PCタブレット・携帯電話・
フィギュア・ポータブルオーディオの買取なら
スピード宅配買取バリQ!

メニュー
買取価格検索
  • お問い合わせ
  • 買取申し込み
買取カテゴリ 買取価格検索

商品のカテゴリを選択の上、
タイトル・キーワード・商品コードを
ご入力ください。

  • お問い合わせ
  • 買取申し込み

7月の平均買取価格 15271円
平均買取点数100点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

CINEMAバリQ

【コラテラル】
LAの夜の街をバックに、いつもと違うトム・クルーズが観れるサスペンス・アクション

コラテラル 映画あらすじ

起業を夢見る真面目なタクシードライバーのマックスは、ある夜、美しい検察官アニーを乗せる。翌日の裁判に不安を抱えるアニーは気さくなマックスに心を開き、マックスも彼女に心惹かれる。すると、アニーが降りた直後、不動産の仕事をしているというヴィンセントがマックスのタクシーに乗り込み、今晩600ドルで貸切りにさせて欲しいと持ちかける。規則違反だからと最初は断っていたマックスだったが、起業資金を貯めている身であり、ヴィンセントの押しも強かったため引き受けてしまう。しかし、ヴィンセントの本当の仕事は「殺し屋」だった。

この映画の買い取り価格→→→ 『コラテラル

コラテラル 映画レビュー

マイケル・マン監督の特徴でもある、ロサンゼルスの夜の街に、道路を横ぎる2匹のオオカミ。オオカミの横断を見守るタクシードライバーと、その情景を不思議そうに眺める冷酷な殺し屋。なおかつ、これでもかと容赦なくオーディオスレイブの「Shadow Of The Sun」が、味わい深いシャウトで心に響いてくる……。

このワンシーンが、この映画をとてつもなく魅力的な作品にしているといっても、過言ではありません。

タクシードライバーのマックスを演じたジェイミー・フォックスさんは、この役で第77回 アカデミー賞の助演男優賞にノミネート、第62回 ゴールデングローブ賞の最優秀助演男優賞にノミネートされました。そのほか、作品自体もアカデミー賞では編集賞にノミネートされており、 第30回LA批評家協会賞においては撮影賞を受賞しています。

殺し屋のヴィンセントを演じたトム・クルーズさんは、当時珍しく悪役を演じたことや、老けメイクをしたことだけが話題になりましたが、ジェイミー・フォックスさん同様に素晴らしい演技をしているので、もっと評価されても良かったと感じます。彼らの演技で繊細に示された心の機微が、この出会いの化学反応を想像させてくれるのです。

屈折したポリシーを持つ殺し屋は、時おり微妙な表情の中に、頭が良くて真面目で、少し自信なさげなタクシードライバーへの興味を覗かせます。「どうやって育ったらこうなるんだ……」と冷酷な殺し屋に対し、あきれたようにいうマックスもまた、彼に対して複雑な感情があったのかもしれません。それは、あの電車の中の表情で察することができます。

命を奪う者と、命を守る者。暗く残酷なLAの夜の街で、驚くほど優しげに瞬くネオンが、不思議と人々の心を癒します。2人の男の運命が奇妙に絡み合い、起こるはずのない変化が生じるとき、またもや運命は残酷にその宣告を実現するのです。

アニーを演じたのはウィル・スミスさんの妻ジェイダ・ピンケット=スミスさん。そのほか、刑事役のマーク・ラファロさん、犯罪組織を束ねる男を演じたハビエル・バルデムさん、謎の男を演じたジェイソン・ステイサムさんなど、有名どころもサラリと登場しています。

ミッション:インポッシブル フォールアウト(2018)』では、またもや命知らずなトムさんに感服するでしょう。しかし、今作のトムさんはアクションよりも複雑な表情が見どころなので、(スーツは似合っていないが)よろしければぜひお試しください。

そんな映画『コラテラル(2004)』は、売ってはいけない1本といえるでしょう。もちろん、ご判断は皆様次第です。ちなみに、バリQの査定は速さが自慢。お荷物到着後、最短で24時間以内にご連絡いたします。また、買い取り価格の高さにもご満足していただけるはず。市場価値に合わせて買い取りをしているので、新しいものはもちろん高額で、古くても市場価値があるものは、しっかりと評価させていただきます。

本 、CD、DVD・Blu-ray、ゲーム、PC・タブレット、携帯電話、ホビー・フィギュア、ポータブルオーディオ、種類を問わず全部で20点以上あれば送料無料となります。不要なものは、ぜひぜひ全部まとめてお送りください。

お申し込みはこちらのフォームからどうぞ。電話やメール、LINE、あるいは手書きでも可能です。

なお、商品をお送り頂く際のダンボールはお近くのスーパーや薬局などで貰えるものでOK。もしも、「商品を入れる適当なサイズのものがない」「ダンボールを手に入れるのが困難だ」という場合は、無料で宅配キットをお送りしています。お気軽にお問い合わせくださいね。

すご腕の殺し屋がタクシー移動とか、なんでそんなアホなことをするんだと最初は思いましたが、後に納得しました。ただ、話の流れとしてはいいが、すご腕としては犯罪をパターン化するのはどうかと……。それじゃ『クリミナル・マインド』によく登場するサイコパスやないかい。ちなみにタイトルの「コラテラル(Collateral)」は巻き添えの意。

ライター中山陽子でした。

 

コラテラル(2004)

監督 マイケル・マン
出演者 トム・クルーズ/ジェイミー・フォックス/ジェイダ・ピンケット=スミス/マーク・ラファロ

マイケル・マン監督作品の買取金額の相場はこちら

トム・クルーズ出演作品の買取金額の相場はこちら

ジェイミー・フォックス出演作品の買取金額の相場はこちら