12月の平均買取価格 16,156円
平均買取点数93点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

CINEMAバリQ

今日の1本 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015) gattoのレビュー

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
映画レビュー

言わずと知れた、この映画。
どんだけ主役級集めとんじゃと言いたくなるような面々が、コスプレで世界を救う「アベンジャーズ」。
この作品はシリーズ2作目となる。私のように、アメコミヒーロー大好きな人間にとっては、もう嬉し過ぎて、ハッキリ言って見る前から失禁ものだ。

前作は、「アイアンマン」や「キャプテン・アメリカ」、「マイティ・ソー」に、ちょいちょいアベンジャーズ計画関係者が顔を出し、「何かが始まるな…」とワクワクさせてくれたが、今回は、第二作目なので前作との比較を免れない。
また、1作目から2作目までの間には、「アイアンマン」や「キャプテン・アメリカ」、「マイティ・ソー」の新シリーズが公開され、そのなかでもアベンジャーズがちょいちょい絡んでくる。

加えて、具体的な絡みはないが、まったく関係ないわけでもない「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が公開されていたこともあり、マーベル作品を見ていない人の“置いてけぼり具合”が加速している。
まあ、そんな状況ではあるが、個人的には、大好きなヒーローたちが派手に暴れまわるこの映画の醍醐味を、1作目同様に、2作目も素直に楽しむことができた。

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」は、しょっぱなから、私のようなファンでさえ脳がついて行けないほど盛りだくさんなアクションシーンから始まる。
ソーと、キャプテンが、いつの間にかフォーメーションを組んで敵を倒すようになっているのが面白かった。仲良しかっ。

この、しょっぱな猛烈アクションは、今回の映画の特徴でもある「穏やかな時間」や「仲間や家族との団らん」、そして様々なカタチの「愛」を描くシーンとのギャップを引き立たせている。
もう、テレビCMでバレバレなので伏せる必要もないが、意外なカップルも誕生する。
ヒーロー映画のハートウォーミングなシーンは、目まぐるし過ぎるシーンについて行けなかった脳との待ち合わせに丁度良い。
そして、大好きなシリーズだけに、愛ある突っ込みも数えきれないほどある。

並外れた戦闘能力を持つアベンジャーズたちなので、戦いを行う場所の面積は大きいはずだが、無理やり画面内にヒーローを押し込めているため「戦闘半径狭っ」という印象が否めない。
また、アベンジャーズたちや、その関係者がパーティーで楽しんでいるシーンが最初の方にあるが、冷静に考えたら神様(ソー)と、怒ったら緑色になる人(ハルク)、実年齢は90代のおじいちゃん(キャプテン・アメリカ)が、“とっても普通に”楽しんでいるので、なんだか観ている方が落ち着かない。
また、ウルトロンの話しっぷりが、会社で若い社員と会話する管理職のおじさん風味なので、時折、憎めなくて困る。

また、ポール・ベタニーという役者さんは大好きだし、声だけで演じていたジャービスも大好き。
だけど、なんとなく、今回の登場は自分にとって微妙だった。
相変わらずナイスバディを拝めて嬉しいが、やはり、イギリス訛りの礼儀正しいジャービスとスタークの掛け合いが好きだったので…。

また、「キックアス」ファンとしては、アーロン・テイラー=ジョンソンがマーベル映画に出たのは本当にうれしい。
しかし、やはり、声は高かった。
それは、いいとして、彼の魅力がこの映画では出なかったのが残念だ。
映画ファンの戯言だが、彼は殴られても立ち上がる役とか、聖者のような役柄の方が似合うのではないだろうか。

そして、愛するマーク・ラファロも同じ。
温厚で野暮ったい博士が、誰もどうすることもできないほどの怪物、いわゆるハルクに変身するギャップを描いているのかもしれないが、実際はもっとセクシーなんだからっ。
それを描いてっ!あと、日本のポスター、ハルクが小さ過ぎて見えないわっ。
(単なるファンの叫び)

いずれにせよ、今回、グーンと株を上げたのは、ジェレミー・レナー演じるホークアイではなかろうか。
前作では地味なキャラクター過ぎて涙したが、今回は「俺なんて、武器、弓だぜ〜」(スギちゃん?)と自虐ネタを披露したり、「クソガキが」と毒ずく姿が人間臭くて親近感を覚えた。
そして、夫、父としての一面を見せたりと魅力満載だ。
前作でホークアイのファンから苦情がきたのかもしれない。

そして、相変わらず華があるアイアンマンはトークも戦闘も絶好調で、ブラック・ウィドウもセクシーでカッコイイ。
今回の彼女は、ちょっぴり乙女テイストが入っている。
また、なんとなく「ソー」がモテキャラなのが気になる。

もちろん、クリス・ヘムズワースはカッコイイ俳優さんだ。
しかし、演じているのは、ハンマー持ったロン毛の神様だぞ。まあ、いいけど。

とまあ、このように書ききれないほど内容は盛りだくさん。
「おかしのまちおか」「ドンキーホーテ」も真っ青な商品詰め込み具合なので酷評も多いが、アメコミ好きなら問題なし。みんなでアベンジャーズに会いに行こう!
是非ご賞味あれ。

映画と現実の狭間でROCKするgattoでした。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

監督 ジョス・ウェドン
出演 ロバート・ダウニー・Jr ,クリス・ヘムズワース, マーク・ラファロ ,クリス・エヴァンス

ジョス・ウェドン監督作品の買取金額の相場はこちら
ロバート・ダウニー・Jr出演作品の買取金額の相場はこちら
クリス・ヘムズワース出演作品の買取金額の相場はこちら
マーク・ラファロ出演作品の買取金額の相場はこちら
クリス・エヴァンス出演作品の買取金額の相場はこちら