本・DVD・CD・ゲーム・PCタブレット・携帯電話・
フィギュア・ポータブルオーディオの買取なら
スピード宅配買取バリQ!

メニュー
買取価格検索
  • お問い合わせ
  • 買取申し込み
買取カテゴリ 買取価格検索

商品のカテゴリを選択の上、
タイトル・キーワード・商品コードを
ご入力ください。

  • お問い合わせ
  • 買取申し込み

9月の平均買取価格 17233円
平均買取点数56点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

CINEMAバリQ

【ヴァレリアン 千の惑星の救世主】
フランスの漫画シリーズを原作としたリュック・ベッソン作品。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 映画あらすじ

西暦2740年。政府機関で働くエージェントのヴァレリアンは、ある日とてもリアルで不思議な夢を見る……。
――宇宙の平和を守るため、日々過酷な任務やパトロールを実施しているヴァレリアンは腕利きのエージェントでありながら、同僚の美人エージェント、ローレリーヌには振られっぱなし。ローレリーヌは、プレイボーイで知られるヴァレリアンの言葉を決して信じようとはしなかった。そんななか、2人は異次元の巨大マーケットに潜入し、あらゆる物質を自在に生み出す変換器を回収する任務に成功。その後、放射能に汚染されている巨大宇宙ステーションの対処を任された、フィリット司令官の護衛を務めることに。

この映画の買い取り価格→→→ 『ヴァレリアン 千の惑星の救世主

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 映画レビュー

圧倒的な想像力の世界と、躍動感あふれる美しい映像。オープニングではデヴィッド・ボウイさんの名曲「スペース・オディティ」をバックに、アポロ宇宙船とソユーズ宇宙船のドッキング映像から、巨大宇宙ステーションで繰り広げられる、ちょっと可笑しい超未来の宇宙的な交友まで描かれます。音楽、映像ともにセンスが抜群で、粘土みたいな宇宙人(邪悪な種族ブーラン・バソール)の表情も笑えるし、リアーナさんのダンスも最高でした。

しかーし、主人公の2人は美しいけれど全くすご腕に見えず。ローレリーヌにいたっては、馬乗りになって相手を殴っていてもほぼ猫パンチです。最後の見せ場も「軽ッ」という印象で、本来なら感慨深いはずのキスシーンもほぼ無感情に。

原作は、あの『スター・ウォーズ』シリーズにも多大な影響を与えたといわれる伝説のSFコミック『ヴァレリアンとローレリーヌ』。ピエール・クリスタン氏とジャン=クロード・メジエール氏によるフランスの漫画シリーズです。

そして、監督・製作・脚本を手掛けたのは、青年期からヴァレリアンシリーズを愛読していたというリュック・ベッソンさん。この作品を映画化しようと思い立ったのは、ミラ・ジョヴォヴィッチさんの出世作でもある1997年の映画『フィフス・エレメント』製作中だったそう。

なんとなく『フィフス・エレメント』っぽいなあと思ったら、原作者のメジエール氏は『フィフス・エレメントでコンセプトデザインを手掛けていたんですね。

また、平和な惑星パールの住人にアバターのような印象を受けたのは、「ヴァレリアン映画化は不可能かも」と感じていたリュック・ベッソン監督を、やる気にさせたカンフル剤が映画『アバター(2009)』であったせいかもしれません。

【登場人物と出演者】

今作の出演者はやたらに豪華です。傲慢で支配的で、しかも良心に欠けたフィリット司令官をクライヴ・オーウェンさん。また、いかがわしいストップ小屋のような場所のオーナーを、ジャック・スパロウ風の化粧をしたイーサン・ホークさん。

その小屋で、どうも囚われの身となっているダンサー“バブル”を演じたのは歌手のリアーナさんです。とにかく彼女のダンスがあまりにもキュートでセクシーかつ魅力的なので、何度も繰り返し見てしまいました。ただ、愛着がわくキャラクターとはいえ、そのバブルと主人公の友情は“とってつけた”ような印象ですが。

トリプルX:再起動』ではニックスを演じていたクリス・ウーさんは、ネザ軍曹を熱演。元アイドルグループメンバーらしく、お化粧顔で「ぜったいそれ直すの無理だろう」というような回線を、銃撃戦のなか修理していました。

そして、選ばれし男ヴァレリアンと、勝気な美女ローレリーヌを演じたのは、デイン・デハーンさんとカーラ・デルヴィーニュさんという見目麗しいお2人です。美しいし、2人の関係も微笑ましいですが、個人的には「アクションやるんだから、もうちょっと鍛えてくれ」というのが感想です。とにかく2人とも、あまりにも細すぎるのです。それでいて、男汁たっぷりのクライヴ・オーウェンさん演じる、フィリット司令官を護衛とかありえねーから。だって、彼はあの『シューテム・アップ(2007)』のスミスだぞ。

【結論】

音楽と映像、発想やセンスは素晴らしい。でも、主演の2人にはもう少し鍛えてから演じて欲しかった。

そんな映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017)』は、売ってはいけない1本といえるでしょう。もちろん、ご判断は皆様次第です。ちなみにバリQは、買い取り価格の高さが自慢です。市場価値に合わせて買い取りをしているので、新しいものはもちろん高額で、古くても市場価値があるものは、しっかりと評価します。それに、とにかく査定スピードが速い!! お荷物到着後、最短で24時間以内に査定をご連絡します。業界最速ですよ! 

お申し込みは、こちらのフォームから。そのほか、電話やメール、LINE、あるいは手書きでも可能です。ぜひお気軽にお申し込みくださいね。本 、CD、DVD・Blu-ray、ゲーム、PC・タブレット、携帯電話、ホビー・フィギュア、ポータブルオーディオ、種類を問わず全部で20点以上であれば送料無料となります。不要なものは、全部まとめてお送りください!

【 あとがき】

情報屋トリオのドーガン=ダギーズは、色や質感は別として、なんとなくハワード・ザ・ダッグに似ています。それ以前に、露出不可なビジュアルという気が。

ライター中山陽子でした。

 

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017)

監督 リュック・ベッソン
出演者 デイン・デハーン/カーラ・デルヴィーニュ/クライヴ・オーウェン/リアーナ

リュック・ベッソン監督作品の買取金額の相場はこちら

デイン・デハーン出演作品の買取金額の相場はこちら

カーラ・デルヴィーニュ出演作品の買取金額の相場はこちら