本・DVD・CD・ゲーム・PCタブレット・携帯電話・
フィギュア・ポータブルオーディオの買取なら
スピード宅配買取バリQ!

メニュー
買取価格検索
  • お問い合わせ
  • 買取申し込み
買取カテゴリ 買取価格検索

商品のカテゴリを選択の上、
タイトル・キーワード・商品コードを
ご入力ください。

  • お問い合わせ
  • 買取申し込み

12月の平均買取価格 16626円
平均買取点数101点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

CINEMAバリQ

【女は二度決断する】
理不尽な物語だが、心に突き刺さるダイアン・クルーガーの演技は圧巻

突然の悲劇に見舞われた女性の癒えぬ悲しみ「女は二度決断する」

【あらすじ】

トルコ系移民であるヌーリと結婚し、息子をもうけたカティヤは、ドイツのハンブルクで幸せな日々を送っていた。だが、ある日突然、何かの爆発により夫と息子を同時に失ってしまう。犯人らしき人物を目撃していたカティヤは、ネオナチの仕業だと訴えるが、かつて夫のヌーリが麻薬の売買で服役していたことから、警察は抗争を疑い捜査を進める。その後、犯人は捕まったものの、思うように裁判が進まず……。

この映画の買い取り価格→→→ 『女は二度決断する

ダイアン・クルーガー初の母国語作品で賞受賞「女は二度決断する」

【レビュー】

とにかく、ただただダイアン・クルーガーさんの演技に圧倒される映画でした。

しかし、物語の土台となったネオナチによる連続テロ事件や、ドイツ警察による戦後最大の失態は忌々しいばかりだし、映画そのものも、ひたすら暗くて理不尽で不愉快です。

ネオナチ夫婦や、極右政党の支持者であるギリシャのホテルオーナーはひどすぎて論外ですが、主人公もやたらヘビースモーカーだし、被害者という以前に態度が悪いし、「息子と夫を愛する女性」「犯人に罰を受けさせるために闘う」ということ以外に、あまり共感できませんでした。(ついでにいえば、仕事とはいえ被告側の弁護人にも反吐が出るし)

とはいえ、主人公や夫が品行方正タイプではないところが、この映画のリアリティだといえるかもしれません。現実は映画やドラマのように、被害者が善人然としているわけではないし、加害者が悪人然としているわけでもない、ということなのでしょう。

この物語の「最大の理不尽」は、傷ついた心と正義を、司法によって粉々にされ、歪められてしまうことです。そして、悲惨な犯罪の被害者が、「実は裏に何かあるんじゃないか?」と疑われてしまうのが「理不尽その1」。被害者の失意や葛藤、守ってきたものが、結果でかき消されてしまうのが「理不尽その2」です。

だからこそ、人柄に共感はしないけれど、カティヤの1度目の決断も、2度目の決断も、理解できてしまうわけです。

ただ、サムライのタトゥーは「仇討ち」や「死」を隠喩していた印象ですが、特に後者は武士道をはき違えている気がします。

【登場人物と出演者】

カティヤはタトゥーだらけでタバコをプカプカ吸う、ドラッグ経験もある女性。一見素行が悪そうに見えますが、子供ができてから爆弾事件までは母・妻として真面目に生きていました。しかし、最愛の夫と息子を奪われたため、彼女の信念は「犯人に罰を与えること」だけになってしまいます。機械いじりが得意。演じるのは、この映画で評価を一気に高めたダイアン・クルーガーさん。

ダニーロは友人の弁護士。裁判でカティヤを弁護しており、彼女を元気づけようと頑張っています。ダニーロが被告側の弁護人に対し、少~しだけ感情を交えて論破するシーンは、この映画で唯一爽快感が生まれたところです。演じるのは、なんとなく人が好さそうなデニス・モシットさん。

爆弾により息子とともに命を落としたカティヤの夫ヌーリは、獄中にいるときカティヤと結婚します。麻薬の売買をして服役していましたが、その間に経営学を学び、出所後に事業を始めたデキる男です。見た目はものすごく“悪そう”ですが、子供ができてからは真面目に生きていた様子。演じるのは存在感たっぷりなヌーマン・アチャルさん。

とにかく憎たらしい被告側の弁護人の名はハーバーベック。仕事なので仕方がありませんが、こいつも犯罪者なんじゃないかと思うくらい憎々しく被害者を追い詰めます。それだけ、演じているヨハネス・クリシュさんの演技力が高いということですね。

【結論】

監督・脚本・製作は、36歳にして世界三大映画祭すべてで賞を獲得したというファティ・アキンさん。この作品においても、ゴールデングローブ賞ほか、数々の映画賞で受賞・ノミネートされました。しかし、実のところ、暗いし不愉快だしやるせないし、実話がもとになっていると思うと、なおさら気分が悪くなってしまう作品です。ただ、激しく突き刺さるようなダイアン・クルーガーさんの演技は、素晴らしいとしかいいようがありません。

ライター中山陽子でした。

 

女は二度決断する(2017)

監督 ファティ・アキン
出演者 ダイアン・クルーガー/デニス・モシット/ヌーマン・アチャル/ヨハネス・クリシュ

ファティ・アキン監督作品の買取金額の相場はこちら

ダイアン・クルーガー出演作品の買取金額の相場はこちら

デニス・モシット出演作品の買取金額の相場はこちら