本・DVD・CD・ゲーム・PCタブレット・携帯電話・
フィギュア・ポータブルオーディオの買取なら
スピード宅配買取バリQ!

メニュー
買取価格検索
  • お問い合わせ
  • 買取申し込み
買取カテゴリ 買取価格検索

商品のカテゴリを選択の上、
タイトル・キーワード・商品コードを
ご入力ください。

  • お問い合わせ
  • 買取申し込み

12月の平均買取価格 17366円
平均買取点数99点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

CINEMAバリQ

【スノー・ロワイヤル】
いつもの最強親父アクションとは明らかに一線を画するリアーム兄さんのブラックコメディ・アクション

真面目で静かな男がマジでキレる「スノー・ロワイヤル」

【あらすじ】

模範市民賞を受賞するほど真面目で誠実な、除雪作業員のネルズ・コックスマンは、ある日突然、最愛のひとり息子を失ってしまう。しかもそれは、息子や家族にとってあまりにも不名誉な死だった。その後、地元の麻薬組織に息子が殺されたと知ったネルズは、犯罪小説で続んだ知識と土地勘、とことん突き詰める性格と、類まれなる体力と実行力で、組織の連中への復讐をたったひとりではじめていく。しかし、人員を失った麻薬組織は敵対組織の仕業だと思い込み、事態は思わぬ方向へ。静かな田舎町は、麻薬カルテルの抗争で大混乱に陥る。

この映画の買い取り価格→→→ 『スノー・ロワイヤル

少し『ファーゴ』を感じる「スノー・ロワイヤル」

【レビュー】

リーアム兄さんは好きだけど、最強親父を演じるリーアム兄さんにはチョッピリ食傷気味な今日この頃……。でも、とりあえずスカッとしたいから、と思い鑑賞したらビックリです。思わぬ“めっけもん”でした。

上のブルーレイパッケージにもジンワリ示されているように、今回のリーアム兄さんは、コーエン兄弟の『ファーゴ』を彷彿とさせるブラックコメディ・アクションで、普通だけど最強な、真面目だけどあり得ないほどキレてしまう親父さんを演じています。

『パルプ・フィクション』『ジャンゴ 繋がれざる者』のプロデューサーが製作とか。タランティーノ作品を感じさせる部分もあり、とにかく黒くておかしくて、キャラクターに妙なクセがある映画です。

大切なものを失った真面目な男が、倫理観を視界に入らない場所にしまって穏やかにキレる姿を、黒いユーモアとともに観たいならおすすめ。「そうきたか」と、最後まで気を抜けません。でも、この映画のなかで本当に強いのは、あらゆる場面で登場する女性たちです(麻薬王の〇〇を握りつぶそうとしていましたから)。

【登場人物と出演者】

リーアム・ニーソンさん演じるネルズ・コックスマンは、最愛の家族を奪われ、見た目はいたって冷静なまま、しこたまキレた模範市民賞の受賞者です。

知的な犯罪者ならともかく、今回の「キレた模範市民」役がリーアム兄さんに似合っていたのかどうかわかりません。兄さんはシリアスなお顔なもんで、「あれ?  いまのジョーク?」と画面のなかの兄さんに、あるいは自分に問いかけながら観進める必要があります。

ただ、最後の「これが俺の仕事だ」という言葉にはジンときました。ネイティブアメリカンの麻薬王さえ圧倒しましたから。もう、どこまでも真面目なんだから。

トム・ベイトマンさん演じるバイキングは、ネルズが暮らす地元の麻薬王です。狂信的ともいえるほどの健康志向で、その健康管理っぷりに周囲も息子も密かに辟易している様子。でも、かなり危険な男なので、誰も彼を怒らせようとはしません。すぐ銃を抜き容赦なく発砲します。この男を黙らせることができるのは、最強の元妻アヤだけです。

トム・ジャクソンさん演じるホワイトブルはネイティブアメリカンの麻薬王。復讐劇に巻き込まれた麻薬カルテルの親分です。真相を知れば激怒するでしょうか、最愛の息子を失ったもの同士、ついでに一見穏やかな雰囲気を持つもの同士、ネルズとは何か通じるものがあるのかもしれません(特に大きな絡みはありませんが)。

エミー・ロッサムさん演じるキム・ダッシュは、なーんにも起こらない田舎で退屈していた、野心も好奇心もモリモリな警官です。どうやらモテ女のようで、男心をくすぐりつつ必要な情報だけを入手しています。でも大事件にテンションが上がりすぎて、事件の真相はまったく見えていない様子。

ジュリア・ジョーンズ演じるアヤは、健康志向で完全にイカレている麻薬王・バイキングの元妻です。この映画の登場人物のなかでは恐らく最強です。イカレたキレ気味の麻薬王に対し、絶対零度な態度で本気の怒りをぶつけます。決して、敵にしてはいけない女です。

この夫婦の間に生まれたにもかかわらず、一人息子が素直に育ったのは、乙女で良心がある中年マフィア幹部がいつもそばにいたからかも……。

ローラ・ダーン演じるグレイス・コックスマンは、ネルズの妻です。最愛の息子が不名誉を与えられたうえ、突然この世を去ってしまったことから、一方的にネルズを責めまくります。そ、そんなに夫だけを責めるか? ってぐらい。鑑賞しながら「おまえもな」といいたくなります。ローラ・ダーンさんに罪はありません。

【結論】

この映画は同監督(ハンス・ペテル・モランド氏)が手掛けた、ステラン・スカルスガルドさん主演のノルウェー映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(2014)』のハリウッドリメイク版です。

なかには愛着がわくキャラクターもいますが、総体的には愚かで凶暴な悪い連中が、家族を愛し真面目に生きてきた親父に、犯罪小説で読んだとかいう方法で退治されていくのが、小気味いい映画です。

ライター中山陽子でした。

スノー・ロワイヤル(2019)

監督 ハンス・ペテル・モランド
出演者 リーアム・ニーソン/トム・ベイトマン/トム・ジャクソン/エミー・ロッサム

ハンス・ペテル・モランド監督作品の買取金額の相場はこちら

リーアム・ニーソン出演作品の買取金額の相場はこちら

トム・ベイトマン出演作品の買取金額の相場はこちら