8月の平均買取価格 28489円
平均買取点数97点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

CINEMAバリQ

今日の1本 鉄道員(ぽっぽや)(1999)DRQのレビュー

鉄道員(ぽっぽや)(1999)DRQのレビュー

男は仕事に生きるもの。
親の死に目にも立ち会えない仕事もある。

そう、分かっている。
分かっているけど、仕方ない。
悲しいけど仕方ない。
仕方ないでは済まないけど、仕方ない。

高倉健が演じる佐藤乙松はそういう男。
幌舞線の終点である、幌舞駅の駅長。
できること、知っていることは鉄道のことだけ。
生粋の鉄道員(ぽっぽや)。

愛する我が子の死に目に会えなかった。
躯となった我が子を乗せた汽車を迎えた乙松。
「あんた、そうやって、死んだ子まで旗振って迎えるんだね」
妻は言う。だが、その妻もやがて他界。

男は氷点下の土地で一人になった。
唯一残されたのは仕事。
だが、かつて炭鉱で5万人を数えた街も、いまでは200人足らずの片田舎。
そしてローカル線となった幌舞線を廃線にすると連絡が入る。
全てを失う乙松。
しかし奇跡は起こる。

お涙頂戴の安っぽいストーリーと笑う者もいるかもしれない。
だけど、人が死の間際に望むものはこういうことではないのか。
終盤、愛する者が作る鍋を食べながら、堰を切ったように涙を流す乙松。
演技とは思えないその自然さに、こちらの胸も熱くなる。

泣かせる映画ではない。人であれば泣いてしまう映画だ。

鉄道員(ぽっぽや) [DVD]

監督: 降旗康男
出演: 高倉健, 大竹しのぶ, 広末涼子, 吉岡秀隆, 安藤政信

降旗康男 監督作品の買取金額の相場はこちら
高倉健 出演作品の買取金額の相場はこちら
大竹しのぶ 出演作品の買取金額の相場はこちら