本・DVD・CD・ゲーム・PCタブレット・携帯電話・
フィギュア・ポータブルオーディオの買取なら
スピード宅配買取バリQ!

メニュー
買取価格検索
  • お問い合わせ
  • 買取申し込み
買取カテゴリ 買取価格検索

商品のカテゴリを選択の上、
タイトル・キーワード・商品コードを
ご入力ください。

  • お問い合わせ
  • 買取申し込み

9月の平均買取価格 17233円
平均買取点数56点、お客さま1件あたりの平均買取実績です。

CINEMAバリQ

【クリミナル・マインド/心に沁みる格言】
すご腕のFBIプロファイラーたちが活躍する犯罪サスペンス ドラマ其の十(番外編)

チームの一員になった気分を味わえる、1話完結型の犯罪捜査ドラマをご紹介する第十弾:番外編です。今回は、先日ピックアップしたドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』のなかで、始まりと終わりに登場する「名言・格言・ことわざ」をご紹介します!

このドラマの買い取り価格→→→ 『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪

【シーズン1第1話 「シアトルの絞殺魔」より】

「お前が長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ」

――このドラマ開始の第1話目で登場した、ドイツのあまりにも有名な哲学者、フリードリヒ・ニーチェ氏の言葉です。その後も何度か紹介されているようですね。BAU(FBIの行動分析課)の捜査官たちは、異常犯罪者をプロファイリングして行動を想定し、追い詰め、尋問や逮捕を何度も繰り返しています。つまり、彼らは誰よりもシリアルキラーを理解しているわけです。実は、この言葉の前に、“怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ”という忠告があります……。

【シーズン4第23話 「トラックキラーより】

「良心のささやきは、人の声より遠くまで届く」

――罪を犯したかも……、そんな不安にかられていた男の遠くを見る目と、この言葉がしっくり、じんわりきました。これは、インドの弁護士、宗教家、そして政治指導者として知られるマハトマ・ガンディー氏の言葉です。異常犯罪の捜査ドラマですが、この回のように人の良心に触れてホッとできることも多々あります。

【シーズン4第24話 「バイオテロリストを追え」より】

「安全とは迷信のようなもの。自然界には存在せず、誰ひとり経験することはない」

――生物兵器テロの事件を見事解決したBAU。しかし、世の中には人々が想像する以上に恐ろしい現実がある……。こわーいラストシーンですが、意外にリアルかもしれません。わたしたちはいま安全だと思い込んでいるだけかも。これは、 視覚と聴覚の重複障害者でありながら、世界で障害者の教育・福祉の発展に尽くした、アメリカのヘレン・ケラー氏による言葉です。

【シーズン5第8話 「蘇ったキツネ」より】

「人は他人の才覚を認めるのを嫌う。その他人が敵でない限り」

――好敵手を称えれば、対等である自分を称えることになりますもんねぇ。だけど面倒な奴に見込まれると、あとが大変です……(byホッチ)。何にせよ、BAUの面々は扱っている事件が事件だけに、色んな輩に絡まれそう。これは、ドイツ生まれの天才理論物理学者アルベルト・アインシュタイン氏の言葉です。

【シーズン5第11話「復讐の逃避行」より】

「恩より恨みのほうが返しやすい。感謝は重荷で復讐は喜びだからだ。」

――この回ではBAUメンバーが、復讐という情熱にかられた人間に振り回されます。セクシー姉御プレンティスの負けん気がよく表れていましたね。これは、古代ローマの政治家・歴史家のタキトゥス氏による言葉です。こんな風に考えたことがなかったけど、確かにそうかも。復讐はともかく、借りをつくるのは嫌だしなあ。

【シーズン6第5話「安全地帯」より】

「人類は分離できない家族である。邪悪な魂も切り捨てられない」

――想像もつかない人物が犯行を重ねた事件でした。このドラマはアメリカで実際に起こった事件を題材にしている場合もあるようですが、それに該当するならば絶句です。この犯人は、自分に起こる出来事への意味づけを、ことごとくダークサイドに傾けたようですね。これは、マハトマ・ガンディー氏の言葉です。

【シーズン7第8話「ホープ」より】

「希望とは、闇で手を差し出す信念である」

――まあ、いつものことですが、変態野郎のとんでも犯罪です。タイトルは行方不明になった娘の名前と同じ。ホープ(希望)という名の娘を思う、母の姿に心が締めつけられました。これは、作家のジョージ・アイルズによる言葉。ちなみに、この回では「心の中に、喜びのある場所を見つけなさい。その喜びが苦しみを取り除いてくれる」というアメリカの神話学社、ジョセフ・キャンベル氏の言葉で締めくくられています。

こうした、心に沁みわたるいくつもの言葉たちは、このドラマに深い味わいを与えてくれます。筆者のように「今回はどんな言葉かな?」と楽しみにしている人は多いかもしれません。

そんなドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』は、売ってはいけないシリーズといえるでしょう。もちろん、ご判断は皆様次第です。ちなみにバリQは、買い取り価格が高いことが自慢です。市場価値に合わせて買い取りをしているので、新しいものはもちろん高額で、古くても市場価値があるものは、しっかりと評価します。それに、とにかく査定スピードが速い!! お荷物到着後、最短で24時間以内に査定をご連絡します。業界最速ですよ! 

お申し込みは、こちらのフォームから。そのほか、電話やメール、LINE、あるいは手書きでも可能です。ぜひお気軽にお申し込みくださいね。本 、CD、DVD・Blu-ray、ゲーム、PC・タブレット、携帯電話、ホビー・フィギュア、ポータブルオーディオ、種類を問わず全部で20点以上であれば送料無料となります。不要なものは、全部まとめてお送りください!

これらの「言葉」が登場するとき、だいたいBAUメンバーは専用ジェット機に乗っています。どんなに遠い犯罪現場にも一飛びというわけです。おおむね行きは真剣な表情で捜査のミーティングを行いますが、帰りはリラックスしながら談笑することも。なんかリッチな部署だなぁ。

ライター中山陽子でした。

 

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪

出演者 ジョー・マンテーニャ/マンディ・パティンキン/トーマス・ギブソン/マシュー・グレイ・ギュブラー

ジョー・マンテーニャ出演作品の買取金額の相場はこちら

マンディ・パティンキン出演作品の買取金額の相場はこちら

トーマス・ギブソン出演作品の買取金額の相場はこちら